【令和版】白髪染めトリートメントおすすめ比較|染まらない商品を省きました

白髪染めトリートメント ランキング

現役美容師が自宅で簡単に使える「白髪染めトリートメント」をランキングにまとめて比較しました。

染まらない商品を省いた「使う価値のある白髪染めトリートメントTOP3」をレビューしています。

また、綺麗に染めるための美容師ならではの裏技も公開しているので、よければ合わせてご覧ください(*^^)v

白髪染めトリートメントおすすめ比較ランキング

1位:利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント 4色
初回料金
2,160円(送料540円・2本以上購入で送料無料)
通常料金 3,240円(送料540円・1万円以上で送料無料)
内容量 200g
色の種類 ブラック
ダークブラウン
ナチュラルブラウン
ライトブラウン
最安値 公式サイト(初回購入時1本1,000円引きキャンペーン中)
  • 一番染色力が強くて白髪がよく染まる!
  • 利尻昆布の潤い成分で髪がサラツヤになる!
  • 4色販売されていて選択肢が豊富!
  • 低刺激だから安全に使用できる!
  • 商品ボトルがださい
  • 最後に残った液体が出しにくい(ボトルタイプのため切りにくい)

詳細ページ公式ページ

堂々の第1位はロングセラー商品の利尻ヘアカラートリートメントです。

このランキングの中で唯一ボトルタイプなので、最後に残ったカラー液を取りだしにくかったり、商品パッケージがださいという短所があります。

でも短所を考慮しても白髪を染める効果が一番高いので1位になりました。

とにかく白髪をちゃんと染めたいという方は利尻一択です。

それに髪の保護成分も高いですし、刺激もないし、4色展開なので色の選択肢が豊富なのもポイント高いです。

 

利尻ヘアカラートリートメント 利尻ヘアカラートリートメント

実際に人毛白髪の毛束に染めてみた結果がこちらです。

  • 乾いた髪に塗って30分置いて流したもの(上が1回染め・下が2回染め)
  • 並び順は左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン

どうでしょうか、白髪染めトリートメントでも十分すぎるほど濃く仕上がってますよね。

利尻ヘアカラートリートメントは黒に染まるブラック・焦げ茶に染まるダークブラウンが暗めになっています。

反対に黄みのある茶色に染まるナチュラルブラウン・赤みが強いライトブラウンは明るめに染まります。

色ごとにちゃんと違いが出ていますし、私たちの頭髪でも2~3回染めればしっかり白髪が隠れるので、すごく使いやすいですよ。

販売開始されて約10年経っていますが、何度も改良されていて今もなお優秀な商品だと思います。

試しに使ってもらえれば売れ続けている理由が分かるんじゃないでしょうか💡

カラー液の伸びがよくて自分でも簡単に塗れるので、白髪染めと髪のケアを同時に行って綺麗になっちゃってください(*^^)v

  • ブラック → 黒染めしたい人や白髪の本数がかなり少ない人
  • ダークブラウン → 髪の印象を落ち着いた雰囲気にしたい人
  • ナチュラルブラウン → 髪の印象を明るくしたい人
  • ライトブラウン → 赤みに抵抗がなくて元気な印象を出したい人

\最安値は「初回購入時1本1,000円割引キャンペーン実施中」の公式サイト/

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

2位:マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント
初回料金
1本定期便:3,240円(36%OFF・送料無料)
2本定期便:3,650円(64%OFF・送料無料)
通常料金 1本定期便:3,650円(送料無料)
2本定期便:7,300円(送料無料)
内容量 200g
色の種類 ダークブラウン
ブラウン
最安値 公式サイト(amazon・楽天は税込5,048円の通常価格)
  • 黒髪に馴染みやすい落ち着いた色合いに染まる!
  • 薄毛のケア成分まで配合されていて敏感肌でも安心!
  • フローラルないい香りがする!
  • 公式サイトでは定期購入でしか買えない(いつでも解約条件できるが手間)
  • 粘度が高いから塗るときに伸ばしにくい
  • 通常単価が「5,048円」とお高い

詳細ページ公式ページ

第2位は2018年3月に発売された新商品の「マイナチュレカラートリートメント」です。

マイナチュレの特徴は「薄毛に特化してた会社が開発・販売してる白髪染めトリートメント」ということですね。

白髪が染まるのはもちろんのこと、薄毛を防いだり髪の補修するための頭皮ケア・毛髪ケアが一度にできる「4つの役割があるオールインワンタイプ」になっています。

利尻ヘアカラーよりは白髪染め効果が弱いのと、カラー液の粘度が高くて少し塗りにくいのと、定期購入じゃないと金額が高くなることを考慮して2位にしてあります。

でも、発売から5日間で初回生産分が売り切れたり、その後も注文が殺到して予約販売になるほどのポテンシャルがある商品です。

新しい商品のほうが自分は好きかも、という方はこちらを試してみてはいかがでしょうか💡

 

マイナチュレ カラートリートメント マイナチュレ カラートリートメント

乾いた髪に塗って30分置いて流した画像です。明るいほうがブラウンで暗いほうがダークブラウンで染めた毛束です。

1枚目の画像は平置きで、2枚目は光を通したらどんな雰囲気に見えるか分かるように空中で撮影しました。

マイナチュレのカラートリートメントは明るいブラウンと暗いダークブラウンの2色しか販売されていませんが、カラー数が少ないからこそ「色を選びやすい」と思っています。

白髪が少なかったり落ち着いた印象に仕上げたいならダークブラウンを選べばいいし、髪の印象を明るくしたいならブラウンでいいですからね。

迷わないですむので、色が少ないのはデメリットのようでメリットなのかなとも思います。

それに2色とも黄みが強かったり赤みが強いなどもなく、落ち着いた色合いに染まるので使いやすい点も嬉しいですね。

フローラルな香りで染めている最中は気分がいいですし、染め上がりは髪がサラサラになるのでぜひお試しください(*^^)v

\最安値は「36%・64%OFF」の定期便がある公式サイト/

マイナチュレカラートリートメント公式サイト

3位:LPLP(ルプルプ)

初回料金
単品購入:1,980円(送料540円)
2本定期便:3,240円(送料無料)
通常料金 単品購入:3,240円(送料540円)
2本定期便:5,832円(送料無料)
内容量 200g
色の種類 ソフトブラック
ダークブラウン
モカブラウン
ブラウン
最安値 公式サイト(初回お試しキャンペーン実施中で39%OFF)
  • どの色を選んでも暗めに染まるから失敗しにくい!
  • 1位・2位の商品よりも販売価格が安い!
  • 微アルカリ性なので少し刺激があって肌・髪を痛める可能性がある
  • 濃い3カラーの色が似ていて違いがあまりない

詳細ページ公式ページ

第3位は商品パッケージがおしゃれな「LPLP(ルプルプ)」です。

ルプルプは4色販売されていますが明るめのブラウン以外は似たような仕上がりになります。

色選びの楽しさはあまりありませんが、どの色を選んでも落ち着いた雰囲気に染まるので失敗しにくいですね。

染色力を強くするために「微アルカリ性」になっていて、使用したときに私は肌に刺激を感じたので3位にしました。

販売価格が安めで手軽に買えるので、肌がそれほど弱くなくて特に心配がない方はぜひ手に取ってみてください。

 

LPLP ルプルプ カラートリートメント

乾いた髪に30分染めたものがこちらです。

左からソフトブラック・モカブラウン・ダークブラウン・ブラウンと並んでいます。

  • ソフトブラック → ほとんど黒に見える焦げ茶
  • ダークブラウン(左から3番目) → 濃いめの焦げ茶
  • モカブラウン(左から2番目) → 明るめの焦げ茶
  • ブラウン → オレンジ味のある明るい茶

ルプルプはブラウン以外の3色がどれも「焦げ茶色」に染まるので、その中で好きな明るさを選びましょう。

公式サイトによると一番売れているカラーは「モカブラウン」だそうです。

画像の左から2番目の色ですね、ちょうど暗すぎず明るすぎずの中間なので、使い勝手がいい色になっています。

どの色も黄みが抑えられていて色落ちしても白髪が光ったりしにくいので、お好きな色を選んでも失敗しませんよー(*^^)v

\最安値は初回お試しキャンペーン実施中・返金保証がある公式サイト/

LPLP公式サイト

番外編:利尻カラーシャンプー

利尻ヘアカラートリートメント 4色
初回料金
2,700円(送料540円・2本以上購入で送料無料)
通常料金 3,780円(送料540円・1万円以上で送料無料)
内容量 200ml
色の種類 ブラック
ダークブラウン
ナチュラルブラウン
ライトブラウン
最安値 公式サイト(初回購入時1本1,000円引きキャンペーン中)
  • 利尻ヘアカラートリートメントと主成分が一緒!
  • 泡立ちやすいから少量でも洗えて長く使える!
  • 毎日洗うだけで染まるから楽ちん!
  • 低洗浄力のアミノ酸シャンプーだから髪に優しい!
  • 毎日少しずつ染まるので使い始めは我慢が必要
  • 時間を置かずに流すので保湿力・補修力はトリートメントタイプに劣る

詳細ページ公式ページ

 

1位の利尻ヘアカラーと同じ成分が配合された「利尻カラーシャンプー」を番外編としてご紹介します。

利尻カラーシャンプーは色味や保湿成分などはトリートメントタイプと同じで、頭を洗うだけで白髪が染まる「白髪染めシャンプー」です。

定期的に時間をとって白髪染めしなくてもよくて、普段使っているシャンプーをこの商品に変えるだけで白髪が染まっていく優れものです。

置き時間を作らないので「1回の白髪染め効果・美容効果」はトリートメントタイプに負けますが、面倒くさくてつい白髪を放置しちゃう方には必須アイテムだと思っています。

 

利尻カラーシャンプー 3回染め 利尻カラーシャンプー 7回染め

濡れた髪に塗って泡立ててからすぐ流して乾かすを繰り返した毛束がこちらです。

上の画像は3回洗ったときの毛束で、下の画像は7回洗って染めたものです。

左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンの順に並んでいます。

 

毎日洗っててこんな風に徐々に染まっていくので、使い始めの最初だけ我慢すれば「白髪染めしなくても染まっている状態」が作れる便利なアイテムです。

低洗浄力タイプのアミノ酸シャンプーになっているので、髪や頭皮にも優しいですし、色落ちもしにくいように工夫されています。

泡立ちもよくて1本で2ヶ月弱持ちますし、泡に弾力があって髪の潤いケアもしてくれるので「白髪染めシャンプーなら間違いなくNO1」と言い切れるぐらい使い勝手はいいです。

髪の長さや傷み具合にもよりますが、

  • 白髪染めするのが面倒くさくて困っていた
  • 髪は短いしそれほど痛みもない
  • シャンプーだけで白髪が染まるのは正直嬉しい

という方は一度試してみてほしいと思います。

白髪染めが手間でほったらかしにするより、なるべく楽に白髪染めできる方法を選んで綺麗になりましょう(*^^)v

\最安値は「初回購入時1本1,000円割引キャンペーン実施中」の公式サイトです/

利尻カラーシャンプー公式サイト

1位の商品をもう一度見てみる

コスパがいい白髪染めトリートメント比較

続いてはさきほど紹介した3商品のうち「コスパが一番良いのはどれか?」を考えてみました。

いくら優秀な白髪染めであっても財布への負担が大きいと使えないので、コスパで選びたい方は参考にどうぞー!

各商品の料金

【初回購入時】

  • 利尻ヘアカラー → 2,700円
  • マイナチュレ → 3,240円(定期購入)
  • ルプルプ → 2,520円

【2回目以降の通常購入時】

  • 利尻ヘアカラー → 3,780円
  • マイナチュレ → 3,650円(定期購入)
  • ルプルプ → 3,780円

まずは各商品の「初回料金・2回目以降の通常料金」を見ていきましょう。

どの商品もまずは1回試してみてくださいということで、初回購入時に割引される仕様になっています。

初回金額はマイナチュレだけが少し高めで、2回目以降の通常料金はどの商品も3,700円前後になっています。

買いやすさとしては「利尻=LPLP>マイナチュレ」という感じですね。

また補足として、マイナチュレを公式サイト以外で買うと「通常価格5,048円」とかなり高いので、継続して利用するなら定期便じゃないとかなり割高になります(汗)

カラーリング1回の使用量・カラー液の伸びの良さ

※利尻・マイナチュレ・ルプルプ共に内容量は200g

  • 利尻ヘアカラー → 伸びがよくて一番よく染まる → コスパ◎
  • マイナチュレ → 伸びにくいけど結構よく染まる → コスパ△
  • ルプルプ → 伸びがよくて結構染まる → コスパ◯

続いては「1回の白髪染めに使う量」でコスパ面を考えてみます。

3商品の中で利尻とルプルプは液体状なので伸びがいいため、1回に使う量は少なめです。

いっぽうで、マイナチュレは粘度の高いクリーム状になっているので、伸びが少し悪いため使う量が多くなります。(マヨネーズより硬い)

どの商品も200gと同じ内容量になっているので、塗るときに必要な量を考えるとマイナチュレだけコスパが少し悪いですね。

濡れた髪に塗る場合は水分で薄まるので多少マシなのですが、乾いた髪に塗って白髪染め効果を高くする場合はけっこう塗る量に違いが出ました。

塗りやすさ・最低限染めるために必要な量は商品ごとに違うので、コスパで選ぶ際は参考にしてみてください。

総合的に考慮した結果

  • コスパ1位:利尻ヘアカラー
  • コスパ2位:ルプルプ
  • コスパ3位:マイナチュレ

一番コストパフォーマンスに優れていて「少ない量で染められて白髪染め効果が高くて安い」のは利尻ヘアカラートリートメントでした。

2位のルプルプと大きな差はありませんが、やっぱり1回でよく染まるほうが使う頻度をあけても大丈夫なのでお財布には優しいですね。

白髪染めトリートメントは白髪を染めるだけのものと考えると、ドラッグストアなどの市販の白髪染めと価格自体はあまり変わりません。

でも、時間を置く間に「トリートメント効果」が期待できるので、白髪を染めながら髪の乾燥を抑えたりツヤを出せると考えたらコスパ◎だと思います。

白髪染めとトリートメント別々に行うとそれだけお金もかかるので、コスパがいい白髪染めトリートメントを使って快適な白髪染めを試してみてくださいね(*^^)v

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

白髪染めトリートメントで綺麗に白髪染めするための裏技講座

  1. 染まりにくい髪質なら乾いた髪に塗る → 濡れた髪は水分で薄まるから染色力が下がる
  2. 染まりにくい根元を中心にたっぷり塗る → 毛先はコーミングで伸ばせるから根元を意識して塗る
  3. 顔回りや分け目などの目立つ場所から塗り始める → 最初に塗れば置き時間が増える&忘れない
  4. 塗り終わったら粗めのクシ・コームで軽くとかす → 塗りムラを防ぐ
  5. 放置時間を20~30分を長くする → 1回の白髪染め効果を最大限にする
  6. 置き時間中はヘアキャップ・ラップで保温&保湿する → 頭皮の熱で温めると綺麗に染まる

白髪染めトリートメントで「より1回の白髪染め効果を高くする方法」をまとめました。

この中で特に私が重要だと思うのが「①乾いた髪に塗ってみる⑤放置時間を長くする」の2つです。

 

染めムラなく塗り忘れなく染める方法は何度も染めていれば上手になってくるのですが、そもそも「水分で薄まった状態で塗る」「置き時間が短くて色が入らない」は慣れてきても分からないことです。

どの白髪染めトリートメントの公式販売ページを見ても書いていないので「本当に売る気があるのだろうか..?」とさえ思います。

 

乾いた髪に塗ると水分がない状態なので伸びにくさ・塗りづらさはありますが、水で薄まっていない分しっかりと染まります。

また、白髪染めトリートメントは通常のヘアカラーよりも低刺激の染料が使われている分だけ、染色力は弱く作られています。

そのため、公式サイトに書いてある通り「塗って10分置いて流す」といった短い時間では、それほどしっかりとは染まってくれないんですよね。

短い時間で染まるほうが「楽そうだし買ってみようかしら」と思えるのですが、実際に染めてみると「放置時間は最低でも20分、白髪が伸びているときは30分は置く」ようにすると、まるで別の商品かのように見事に染まりますよ。

 

なるべく少ない回数で染まったほうが楽で嬉しい、お金を節約したいから商品1本で長く使いたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

美容師の私が10種類以上の白髪染めトリートメントで試して実感したことなので、まず間違いないと思いますよー!

白髪染めトリートメントのよくある質問Q&A

白髪染めトリートメントって何で刺激がないのに髪が染まるの?

粒子の細かい染料を2種類配合しているので、髪の毛の表面を化学成分で完全に開かなくても隙間から中に染料が入るから染まります。

また、髪の表面に色をくっつけて染めることも同時にするので、色落ちは普通のヘアカラーよりもありますが、適度な間隔で使用していれば綺麗な髪色が維持できるようになっています。

まとめると、普通の白髪染めはがっつり髪を開いて髪の中で化学反応させて色を入れるもので、白髪染めトリートメントは髪をあまり開かずに隙間から染める&髪の表面も染めることで白髪染めする、という感じですね。

ヘアカラー剤の刺激が強いのは「髪のキューティクルをこじ開ける成分・黒髪を脱色して明るくする成分」なので、それらが使われていない白髪染めトリートメントは刺激が少ないのです。

白髪染めトリートメントはどれくらいの頻度で使用するの?

白髪が伸びている状態の使い始めは「3日連続」で一度しっかり白髪を染めましょう。

白髪がちゃんと染まったら、後は色落ち具合や新しく伸びてきた白髪の量で変わりますが「7日~10日毎に1回」ぐらいの頻度で染め直すと綺麗な髪色が保てますよ。

白髪がしっかり染まっているのに高頻度で染め過ぎると「どんどん色が濃くなって暗くなる」ので注意してください。

美容院で何度も白髪染めしてると毛先のほうが黒っぽくなることありますよね、あの状態になってしまいます。

白髪染めトリートメントは具体的にどんな人に向いてる?

  • 美容院に定期的に通うのが億劫な人、時間がなくて困ってる人
  • 薄毛や抜け毛に悩まされていてなるべく白髪染めしたくない人
  • 黒髪を明るくしなくていいから白髪を目立たなくしたい人
  • 髪の傷みや広がり・パサつきに悩んでいる人
  • 若白髪に悩まされている人

白髪染めトリートメントは自宅で手軽にセルフカラーできるので、美容院にいく時間がなかったり、いきたくてもいけない事情がある方に向いています。

また、普通の白髪染めのように髪や頭皮を痛ませることがないので、肌が弱かったり髪の悩みがある人にもオススメです。

白髪染めトリートメントにも「黒髪を明るくはできない」という欠点がありますが、その短所を考慮しても「魅力のほうが多い」と感じるならぜひ試してみてください。

むちゃくちゃ楽ちんですよ。

白髪染めトリートメントは染まらないと感じてる人に一言どうぞ!

たぶん染まらなかったと感じる方は髪が太くてコシがあって「染まりにくい髪質」だと思います。

なので、商品購入ページに書いてある「濡れた髪に10分置いて流す」で染めるんじゃなくて、乾いた髪に塗って30分は置いてみて欲しいですね。

ちゃんとたっぷり塗布して、ラップ等で保温しながら長時間おけば「通常の方法より2倍染まる」と思います。

中には髪質的に全然染まらない…って人もいるかもしれませんが、ほとんどの染まらなかったケースは「塗る量が少なすぎた・水分量が多くて薄まっていた・放置時間が短すぎた」等だと思いますよ。

染まりにくい白髪染めトリートメントに特徴はある?

私が片っ端から白髪染めトリートメントを試していたときに、

  • 植物染料
  • 塩基性染料
  • HC染料

の3つの染料の中で入っていないものがある商品はかなり染まりにくいと感じました。

たとえば完全オーガニックと書かれていた黒染めトリートメントは「植物染料」だけが配合されていたんですが、全く染まらなかったですね。

植物染料は名前の通り天然の染料なので、化学成分などは入ってなくてカラダには優しいです。

でも、やっぱり優しい成分だけじゃ限界があるので「よく染まるねコレ!」と感じる白髪染めトリートメントは「植物・塩基性・HC」の3つが全部入っていることが多いんですよね。

塩基性染料とHC染料の2つだけだと刺激が多くなってしまうから、植物染料を足して「化学染料の割合」を減らしてある商品が実用的な範囲かなと思います。

ちなみに当ページでは染まりにくい商品を完全に省いています。

紹介している「利尻・マイナチュレ・ルプルプ」は3つの染料をちょうどいい塩梅で配合している白髪染めトリートメントです。

日常の中で退色を防ぐためのポイントがあったら教えて!

  • 洗浄力の弱い「アミノ酸系シャンプー」を使う
  • 退色防止用のトリートメントを使う
  • 髪をこすって洗わない(頭皮を指の腹で洗いながら髪は泡で洗うのが正しい方法)
  • お風呂上がりはタオルで挟むように優しく水分をふき取る
  • 髪を濡れたまま放置せずにすぐドライヤーで乾かす
  • 髪の毛になるべく紫外線が当たらないようにする
  • プールや海に入らない

1個ずつ考えてみたら結構ありました。

この中で一番簡単にできるのは「髪を洗うとき」「お風呂上がりの対処法」の2つです。

また、一番退色を防ぐ効果が高いのが「低洗浄力シャンプー」を使うようにすることですね。

毎日の日常の中で色落ちは必ず起こってしまうものなので、適度に注意しつつ適切な頻度で染め直すようにすると綺麗な髪の毛が維持できますよー。

白髪染めトリートメントの色の選び方を教えて!

  • 白髪の本数がかなり少ないけど気になるから染めたい → 黒一択
  • そこそこ白髪があって目立ちにくい色に染めたいけど黒は嫌 → 焦げ茶一択
  • そこそこ白髪があって髪全体の雰囲気を明るくしながら染めたい → 明るい茶系

白髪染めトリートメントの色は「白髪染めした後の自分の髪全体を想像する」ことで選びやすくなります。

たとえば白髪がかなり少ない状態で明るいブラウンで染めてしまうと、黒髪と染めた部分の白髪に「明度差」がかなり生まれますよね。

ほとんど黒髪の状態なのに時たま明るい茶髪ができるわけです、せっかく染めたのに白髪だった場所が丸わかりです。

このように、白髪を染めた後に髪全体をみて「黒髪部分と染めた部分が馴染んでそうか」をイメージすると、おのずとどの色を選ぶべきかが分かると思いますよ。

ちなみに色持ちがいいのはやっぱり暗い色です。頻繁に染め直したくない方は暗めを選ぶといいですね。(明るい色は色落ちすると白髪が光りやすいので注意)

白髪染めトリートメントは簡単&時短で生活の手助けをしてくれるツール

このページでは白髪染め効果が高い優秀な白髪染めトリートメントに絞ってランキング形式でご紹介してきました。

また、実際に毛束に染めてみて「染まり具合・色の選び方・使い方」をまとめたので、ザッと読み流した方はもう一度じっくり読んでみて欲しいと思います。

 

最後になりますが、白髪染めトリートメントは

  • 自宅で白髪染めできる
  • 自分で簡単に使える
  • 失敗しにくい作りになっている

というように「面倒くさい白髪染めを楽にしてくれる便利なツール」だと個人的に思っています。

もちろん白髪染めと髪のケアが同時にできる点や、肌や髪に優しくて刺激がなく安全に使用できる点も大きな魅力です。

 

白髪は1回染めたらはい終わりではなくて、毎日嫌でも伸び続けてきます。

ヘアカラーは綺麗な髪を作るために欠かせないことなので、時間もかかるしカラダに悪いしで正直大変ですよね。

そんな場合はぜひ白髪染めトリートメントを使って「上手に手を抜いて楽をする」を実践してみてください。

私は美容師なのでできれば美容院にお客さんがきてほしいですが、一番は「髪の手入れを嫌いにならないで欲しい」と思っています。

このページがあなたの生活を少しでも豊かにできていれば幸いです(*^^)v

もう一度ランキングを見てみる