よく染まる白髪染めトリートメント

利尻カラーシャンプー全色で白髪染めレビュー|色の選び方・使い方と口コミ評判

利尻ヘアカラートリートメント 4色

個人的に「白髪染めシャンプーで一番使う価値がある」と思っているものが利尻カラーシャンプーです。

今回は全4色を用意して、人毛の白髪毛束に染めて「色の染まり具合・色の違い」が分かるように比較してみました。

色の選び方や使い方など、利尻カラーシャンプー購入前に読んでみてください。

\こちらの記事もよく読まれています/

【令和版】白髪染めトリートメントおすすめ比較|染まらない商品を省きました

利尻カラーシャンプー全色で白髪染め

利尻カラーシャンプー 3回染め 利尻カラーシャンプー 7回染め

実際に利尻カラーシャンプー全色で染めた毛束の画像です。

1枚目が3回シャンプーしたもので、2枚目が7回シャンプーした毛束になっています。

色の並びは左から順に「ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」です。

 

利尻カラーシャンプーは「普段のシャンプー代わりに使うだけで白髪が染まる」ので、今回の染め実験でも同じような状況で行いました。

  1. 濡れた毛束にシャンプー剤をつけて泡立たせる
  2. 時間を置かずにすぐ流す
  3. ドライヤーで乾かしてからまた①に戻る

という手順で、3回洗った段階で写真を撮って、同じように繰り返して7回洗ってまた写真を撮りました。

 

こうして並べて比較してみると、4色の中では明るい色味のナチュラルブラウン・ライトブラウンでも結構白髪がちゃんと染まってますね。

3回染めだとまだ色が入りきってなくて薄い感じがしますが、7回も染めれば十分実用性な濃さになっています。

毎日洗うだけで勝手に白髪が染まる商品なので、それでここまでちゃんと白髪染め効果があれば十分ですね。

 

この記事を書く前にAmazonで買った白髪染めシャンプーを使ってみましたが、見事に色が入らなくて落胆していました(苦笑)

利尻カラーシャンプーはどの色でもほどよく白髪が染まってくれるので重宝しますよー!

 

また、泡の質感がモチモチしていて保湿力があるので髪の乾燥を防ぐ効果があります。

それに泡は真っ黒じゃなくて薄い紫色ぐらいなので、飛び散ってもすぐシャワーで流せば色が残ったり汚れたりはしません。

泡立ちがいいので少量でも毎日洗えて白髪染めできるので、商品1本でも2か月ぐらいもつのでコスパもGoodです。

利尻カラーシャンプー公式サイト

利尻カラーシャンプーの色選び

  • 白髪の本数が少なくてなるべく目立たなくしたい → ブラック
  • そこそこ白髪があるから全体的に綺麗に仕上げたい → ブラック or ダークブラウン
  • 髪色を明るい印象にしつつ白髪を染めたい → ナチュラルブラウン or ライトブラウン

利尻カラーシャンプーの色を選ぶ際に考えてみて欲しいのが「染めた白髪が何色になると髪全体が綺麗に見えるか」ということです。

カラーシャンプーは黒髪を脱色して明るくはしないので、白髪の部分だけが染めた色になります。

 

たとえば、白髪が頭全体に50本ある状態を想像してみてください。

利尻カラーシャンプーのナチュラルブラウンで染めると、ほとんど黒髪の状態の中に「茶色の明るめの毛」が少量紛れることになります。

白髪染めしても目立つ毛ができてしまうわけです。

それなら、ブラックやダークブラウンといった「色が濃くて黒髪と馴染みが良い色」で染めたほうが、全体的にみると綺麗にまとまりますよね。

黒の中に白が少しあると目立つのと一緒で、地毛の黒髪と染めた毛の「明るさの違い」を考えると、色選びの参考になると思います。

 

黒髪と近い色は黒色に染まるブラックと焦げ茶色に染まるダークブラウンです。

地毛の暗さにもよりますが、白髪の量が少ない方は暗めの2色のどちらかを選ぶといいと思います。

 

ナチュラルブラウンとライトブラウンは赤みの出方に違いはありますが「どちらも明るめの茶色」に染まる色です。

白髪の割合が多い方が染めると「髪色全体を明るくできる」ので、ぜひお好きな色を選んでみてください。

どちらかというと、染まりやすくて色が抜けにくいのは明るめ2色の中だと「ライトブラウン」ですね。

赤みが多いので色落ちした後も白髪が光りにくいです。

利尻カラーシャンプー公式サイト

利尻カラーシャンプーの染色効果と副作用

【白髪染めの力】

利尻カラーシャンプーの染色効果は

  • 白髪染めトリートメントよりは弱いけど、白髪染めシャンプーの中では一番強い

と個人的に思っています。時間を置いてしっかり染めるトリートメントタイプにはさすがに勝てません。

でも普段のシャンプー代わりに使うだけで白髪が染まるお手軽さが売りなので、白髪染め効果がトリートメントタイプに負けちゃうことは当たり前かなとも思います。

上の画像の通り「3回染めだとまだ色が薄いけど7回も染めれば白髪には見えない」ので、使用開始から1週間で白髪ケアできるシャンプーとしては十分ですね。

 

【副作用】

通常のヘアカラーだと「ジアミン・酸化剤・アルカリ剤」などで皮膚が荒れたり痒みが出たり、薄毛を促進させるといった副作用があります。

しかし、利尻カラーシャンプーには有害な物質は入っていないので、特に副作用のような症状はありません。

副作用の可能性としては「植物成分による植物アレルギー」が考えられますが、敏感肌の私でも問題なく使えているのであまり心配しなくていいのかなと思います。

カラダに優しい成分なので、薄毛や抜け毛に悩んでいる方でも安心して白髪染めできますよ。

利尻カラーシャンプーの料金

利尻カラーシャンプー 初回限定キャンペーン 公式サイト

※公式サイトのみ初回購入時1本あたり1,000円引きキャンペーン中

  • 1本購入:税込み2,700円+送料540円=3,240円(1本あたり3,240円)
  • 2本購入:税込み5,400円+送料無料=5,400円(1本あたり2,700円)
  • 3本購入:税込み8,100円+送料無料=8,100円(1本あたり2,700円)

 

Amazon・楽天・Yahooショッピングなどでも販売されていますが、公式サイトで購入したほうが

  • 1本あたり1,000円引きのキャンペーン実施中(初回購入のみ)
  • 全4色がちゃんと販売されている
  • 使用期限が迫った古い商品を買うリスクがない

のでオススメですよ。

髪の長さにもよりますが1本で1~2か月は使えるので、髪が長めの方は2本購入すると「送料無料+頭皮もみブラシ」が貰えるのでセットがお得です。

利尻カラーシャンプー公式サイト

利尻カラーシャンプーのよくある質問

お風呂や脱衣所が汚れたりしない?

色つきシャンプーで頭を洗うことになるので、飛び散った泡を放置すると浴槽などが汚れてしまいます。

泡がついてしまってもサッとシャワーで流せば色は付きませんが、普通のシャンプーよりは多少気を使わないといけませんね。

また、普通の白髪染めとは違ってシャンプーして染めた後でもそこまで色水は出ないので、いつも通りある流せばタオルやマクラが汚れることはありませんよ。

利尻カラーシャンプーを手に取ると「真っ黒やんけ・・・!」とびっくりしますが、泡立ててみるとうっすら焦げ茶色のような泡になります。

何度も染めることで徐々に白髪が染まるものなので、ひどい汚れや色がつくことはありません。

なんでシャンプーで洗うだけで染まるの?

利尻カラーシャンプーには、トリートメントタイプと同じ「植物染料・塩基性染料・HC染料」の3つの染料が入っています。

そこにシャンプーとして汚れを落とすための洗浄成分が入っているわけですが、洗浄力が強すぎるとカラーリングを同時にはできません。

そのため「低洗浄力のアミノ酸」を洗浄成分に使われていて、頭を洗いながら髪が染まるような配合になっています。

補足情報になりますが、洗浄成分とカラーリング成分を混ぜてある&置き時間なしでサッと洗い流してしまうので「白髪が染まるまでの回数」が必要になります。

毎日利尻カラーシャンプーで頭を洗っておけば気付かないうちに白髪が染まるので、染まるまでの回数が気になるのは使い始めだけですけどね。

トリートメントタイプと比べてどう違う?

シャンプータイプは「毎日使う」「置き時間なし」なので、徐々に白髪に色が入っていく感じです。

対してトリートメントタイプは「週1回ぐらい空けて使う」「時間を10~30分置く」ので、1回でしっかり染まるようになっています。

どちらも成分はほぼ一緒なのでどちらも白髪を染めながら補修ケアができますが、感覚的には「置き時間の長いトリートメントタイプ」のほうが髪が綺麗になった感じがしますね。

毎日使うのが面倒くさいと感じる方はトリートメントタイプのほうが向いていますし、白髪染めが手間に感じてできればやりたくない・・・という方は手軽なシャンプータイプでいいと思います。

フケやかゆみの原因になったりしない?

フケやかゆみは「白髪染めの染料」よりも、どちらかというと「シャンプー成分がちゃんと流せていない」のが原因です。

利尻カラーシャンプーは低洗浄力のアミノ酸シャンプーになので洗い流しやすくて、フケの原因を作ったりかゆみを引き起こすことはほとんどないと思います。

実際に使用しても何も問題なかったので、洗った後によくすすげば全然気にしなくていいレベルですね。

普段フケが出たり頭皮がかゆくなってしまう方は、泡でしっかり頭皮を洗うのはもちろんですが「シャンプーした時間の倍量だけ泡を洗い流すことに使う」を心がけましょう。

薄毛や抜け毛が増えるのは困るんだけど大丈夫?

利尻カラーシャンプーは無添加処方になっていて、頭皮に害を与えて薄毛や抜け毛を促進させる有害成分は含まれていません。

普通の白髪染めよりもかなり刺激が抑えられているので、薄毛に悩んでいる方でも安心して使える配合になっていますよ。

ただし「最近薄毛だからシャンプーは優しくして頭皮をこすらないでおこう…」みたいなことをしちゃうと、頭皮の汚れが取れずに詰まってより薄毛を進行させてしまいます。

爪で頭皮を傷つけるのはダメですが、指の腹を使ってよく頭皮を洗うことは大事なので忘れないでくださいね。

市販の白髪染めシャンプーとは何が違う?

利尻カラーシャンプーには「植物染料・塩基性染料・HC染料」と3種類の染料が配合されています。

でも、たとえばAmazonなんかで買える他の白髪染めシャンプーだと「植物染料のみ」で、他の化学染料が一切入ってなかったりします。

一度興味本位で購入したことがありますが、全くもって染まりませんでした(汗)

たしかに植物染料だけのほうがカラダには優しいのですが、優しすぎるがゆえに染まりが悪くなってしまったり、染まっても色落ちが激しかったりします。

利尻カラーシャンプーは塩基性染料とHC染料という2つの化学染料がメインになっていて、補助的に植物染料が使われています。

「頭皮や髪になるべくダメージを与えずに、でもちゃんと白髪が染まる配合」が利尻カラーシャンプーはちゃんと出来ているんです。

白髪染めシャンプーを出しているメーカーはあまり数がありませんが、その中でもピカイチで染まる&安全に使用できるのが利尻カラーシャンプーです。

ぶっちゃけ、ほかの白髪染めシャンプーは存在している意味がないとさえ思います・・(苦笑)

カラダに悪い成分は含まれていない?

白髪を染めるための染料の一つである「塩基性染料」は若干刺激があります。

利尻カラーシャンプーの中で「皮膚の炎症・かゆみ」などを起こす可能性があるのは塩基性染料ぐらいですね。

ただそうはいっても、塩基性染料を入れないと白髪がちゃんと染まらないので、白髪染め用品である以上は仕方ないレベルかなと思います。

アレルギー性や発がん性のある「ジアミン・パラベン・酸化剤・シリコン・鉱物油」などは一切入っていないので、安全に気を配って作られていると思いますよ。

利尻カラーシャンプーは染めてる感覚なしで勝手に白髪が染まる

利尻カラーシャンプーを使っていると、白髪染め特有の匂いもないし染める手間もないので、本当に知らないうちに白髪が染まっていきます。

毎日のシャンプーを利尻に変えるだけで白髪が常に染まった状態が作れるので、本当に白髪があることを忘れるレベルで快適なんです。

髪質ケア能力は白髪染めトリートメントには勝てませんが、髪が比較的短くてあまり痛んでない方なら利尻カラーシャンプーがピッタリだと思いますよ。

楽に勝る快感はありません、本当に楽ちんで手軽なので「白髪染めって面倒くさくて気が滅入るよね..」と思っているなら1度ぜひ試してみてほしいと思います。

1本でも髪の長さによっては2ヶ月くらいもつし、低刺激のアミノ酸シャンプーなので肌と髪にも優しい作りです。

高品質のシャンプー&白髪染め効果ありと考えると、お手頃価格なので価値は十二分にあると思います💡

利尻カラーシャンプー公式サイト