よく染まる白髪染めトリートメント

利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めレビュー|色選びと使い方・口コミまとめ

利尻ヘアカラートリートメント 4色

発売からいまだ売れ続けているロングセラー商品「利尻ヘアカラートリートメント」をレビューしました。

全4色で実際に染めてみて、染まり具合や色の違い・綺麗に染めるコツなどをまとめてあります。

利尻ヘアカラートリートメントは「よく染まる・色の選択肢が多い・髪が潤う」と3拍子揃った優秀な白髪染めなので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

\こちらの記事もよく読まれています/

【令和版】白髪染めトリートメントおすすめ比較|染まらない商品を省きました

利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めしてみた

人毛毛束

画像1枚目の100%人毛白髪毛束を使って、利尻ヘアカラー全4色で白髪染め実験してみました。

2枚目の画像は乾いた髪に染めて30分置いて流した1回染めで、3枚目はその毛束に同じ条件で+2回染めたものです(計3回)

左から「ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」の順に並べています。

 

利尻ヘアカラートリートメントの公式サイトでは「濡れた髪に塗る」と書いてありますが、個人的に白髪をよりちゃんと染めるなら「乾いた髪」に塗ったほうがいいと思います。

それに塗ってから放置しておく時間も10分15分ではなく、20分~30分は置いたほうがちゃんと白髪が染まりますね。

上の画像の毛束は「乾いた髪&30分置き」と公式サイトとは違う使い方をしましたが、1回染め・3回染めとは思えないぐらい色濃く染まりました。

なるべく少ない回数で染めたい人や、染まりにくい髪質の人、そして商品1本で長く使えたら嬉しい人は同じような方法で染めてみてほしいと思います。

そこまで格安!といえるほど安くはないので、どうせならコスパのいい使い方をしたいですよね。

 

続いて色をみてみると、ブラックとダークブラウンはかなり濃い色に染まりました。

光にかざすとダークブラウンは焦げ茶色ですが、平置きした写真でみるとほとんど黒に見えますね。

実際に頭髪に染めて日光に当たると「濃いめの焦げ茶色」に見えますよ。

 

ナチュラルブラウンは赤みの少ない自然な茶色に染まって、ライトブラウンはかなり赤みの強い茶色に染まります。

髪質のイメージと合わせるなら、髪が細い人の場合はナチュラルブラウン・髪が太い人の場合はライトブラウンが似合うと思います。

 

利尻ヘアカラートリートメントは1回染めただけでも十分白髪が隠れて、さらに追加で染めるとヘアカラーと同じぐらい色濃く仕上がります。

髪や頭皮に負担をかけないで、トリートメントしながら白髪染めできる商品としては文句なしの白髪染め効果です。

昔から販売されていますが都度改良されて新しくなってるので、まだまだ現役の優秀な商品ですね💡

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

あなたに似合う色の選び方

利尻ヘアカラートリートメント
  • ブラック → 黒染めしたい人や白髪の本数がかなり少ない人
  • ダークブラウン → 髪の印象を落ち着いた雰囲気にしたい人
  • ナチュラルブラウン → 髪の印象を明るくしたい人
  • ライトブラウン → 赤みに抵抗がなくて元気な印象を出したい人

利尻ヘアカラートリートメントは暗い色の「ブラック・ダークブラウン」と、明るい色の「ナチュラルブラウン・ライトブラウン」に分かれています。

真っ黒になるのがブラックで焦げ茶色がダークブラウン、明るくて黄みがあるのがナチュラルブラウンで赤みが強いのがライトブラウンです。

白髪の本数や髪質の硬さ・柔らかさによって似合う色は異なりますが、色選びは「選んだ色で白髪が染まったら髪全体はどんな風に見えるか」を想像するといいですよ。

 

白髪の本数はかなり少ない人は「ナチュラルブラウン」で染めると黄みがあるので黒髪と明るさの違いができてしまい、染めた場所が少し目立ってしまいます。

白髪が少なくて明るめにしたい場合は、まだ目立ちにくいライトブラウンを選んだほうがいいですね。

そして白髪が目立たなくなればそれでいいという場合は、地毛が黒々しい方は「ブラック」を選ぶといいですよ。

反対に地毛がそこまで黒くなくて淡さがあるなら、ブラックで染めると地毛まで暗くなる可能性があるので「ダークブラウン」のほうがいいです。

 

ご自身の髪質や髪色をみてみて、染めた後の姿をイメージして色選びしてみてください。

どの色もちゃんと白髪を染める力が備わっているので失敗はありませんよ(*^^)v

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

綺麗に白髪が染まる使い方

  1. 染まりにくい髪質なら乾いた髪に塗る → 濡れた髪は水分で薄まるから染色力が下がる
  2. 染まりにくい根元を中心にたっぷりと塗る → 毛先はコーミングで伸ばせるから根元を意識して塗る
  3. 顔回りや分け目などの目立つ場所から塗り始める → 最初に塗れば置き時間が増える&忘れない
  4. 塗り終わったら粗めのクシ・コームで軽くとかす → 塗りムラを防ぐ
  5. 放置時間を20~30分を長くする → 1回の白髪染め効果を最大限にする
  6. 置き時間中はヘアキャップ・ラップで保温&保湿する → 頭皮の熱で温めると綺麗に染まる

利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めするときは、上記6点に気をつけながらカラーリングすると綺麗に染まります。

ここまで気を配らなくても染まりますが、元美容師としては100%白髪染め効果を発揮できる状態で使ってほしいと思います(*^^)v

ちょっとした工夫で仕上がりが変わるので「私の髪は染まりにくいんだよね..」と分かっている方は特に意識して行ってみてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメントの料金

最安値は公式サイト

利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト 料金
  • 1本単品購入:1,000円引きの税込み2,160円(+送料540円)
  • 2本セット購入:2,000円引きの税込み4,320円(送料無料・コームプレゼント)
  • 3本セット購入:3,000円引きの税込み6,480円(送料無料・コームプレゼント)

公式サイトでは「初回購入時1本あたり1,000円引きキャンペーン」が実施されています。

ほかの通販サイトでも販売されていますが、1本でも公式サイトのほうが少し安くなるし、2本以上ならかなりお得になりますよ。

Amazonや楽天のポイントがたくさん余っていたら別ですが、それ以外の方は公式サイトからの購入が一番安くておすすめです。

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

Amazon・楽天・Yahooショッピングなどの通販店舗

【Amazon】

  • ブラックとダークブラウンの販売のみ:税込み2,800円(送料無料)

【楽天市場】

  • 複数店舗あり:最安値は本体2,392円+送料648円=3,040円

【Yahooショッピング】

  • 複数店舗あり:最安値は本体2,400円+送料640円=3,040円

公式サイト以外の利尻ヘアカラートリートメントの最安値を調べてみました。

Amazonでは公式サイトと同様に自然派サスティclub(ピュール)が販売していて、楽天とYahooは別のお店が最安値になっていました。

 

Amazonの価格は2,800円で送料無料なので、公式サイトより少しだけ高くなっています。

でもブラックとダークブラウンの2色しか販売されていませんし、使用期限が迫っているかもしれないので公式サイトで買ったほうが堅実ですね。

 

楽天とYahooショッピングはどちらも最安値が3,040円と公式サイトより300円ほど高くなっていました。

2本分購入すると6,000円弱かかってしまいます。公式サイトなら2本で4,320円なのでだいぶ高いですね。

公式サイトは「安い&定期便じゃないから面倒なし&コームプレゼント」になっているので、あえて他のお店で買うと損するので気を付けましょう。

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

利尻ヘアカラートリートメントのよくある質問

緑色に染まるって本当?

利尻ヘアカラー全4色で実際に染めてみましたが、緑色に染まるものは1つもありませんでした。

利尻昆布のエキスは保湿成分として入ってますが、染料に緑は使われていないので緑色になることはありませんよ。

しいていえば、白髪染めのブラックには「青み」が多めに入っているので、金髪のような黄色の髪に利尻のブラックを塗ってすぐ流すと緑っぽくなるかもしれませんね。

普通に置き時間を置いてしっかり染める使い方をすれば、まず緑色になることはないので安心してください。

白髪が染まるのはどの成分?

ダークブラウンを例にして説明します。

  • 植物染料:アナトー・クチナシ・シコンエキス・ウコンエキス
  • 塩基性染料(イオン色素):塩基性青99
  • HC染料(ナノ分子カラー):HC青2・HC黄4

利尻ヘアカラートリートメントは「大きく分けて3種類の染料」が使われています。

この中で少しだけ刺激があるのが「塩基性染料」ですが、この染料がないと白髪を染める力が弱くなっているので、サポートするように植物染料とHC染料でが入っています。

「なるべく髪や頭皮を痛めないでちゃんと白髪が染まる配合」になっているわけですね。

最近新しく発売された白髪染めトリートメントであっても「染料の種類と配合」は基本的に利尻ヘアカラーと一緒です。

画期的な新しい染料が出るまでは、3種類の染料で作られている白髪染めトリートメントを使うと「安全に白髪が染められる」のでおすすめですよ。

ライトブラウンとナチュラルブラウンはどう違う?

ライトブラウンは赤みが強めで濃いオレンジ色のような仕上がりになります。

ナチュラルブラウンは赤みが少ないので黄みが出やすいので自然な明るめの茶色に染まります。

どちらの色もちゃんと白髪を染めるだけの染色力はあるので、お好きなほうを選んで大丈夫ですよ。

肌荒れすることはない?

私は利尻ヘアカラーシリーズで肌荒れしたことはありません。

ただ植物染料で植物アレルギー反応がでたり、ほかの染料である塩基性染料は少しだけ刺激があるので「誰でも絶対大丈夫」とは言えませんね。

通常のヘアカラー剤(白髪染め)とくらべるとかなり刺激が抑えられていて安全に使用できますが、それでも使用前には「パッチテスト」を行ったほうがいいと思います。

色落ちしてタオルやマクラが汚れることはある?

塩素のきついプールに入ったり、海水に遣ったり、めちゃくちゃ汗かいたりすると色落ちします。

それ以外だと特に日常で困ることはないですね。

一応対策としては「染めた後は念入りにすすぐ」ようにして、濡れた髪を放置しないですぐう乾かすと色水が出ることはないです。

タオルやマクラが汚れるのは「染めた日に手を抜いた場合」がほとんどなので、カラーした日だけ気を付けてれば問題ないですよ。

古い商品だけど新しい商品と比べて劣ってないの?

利尻ヘアカラートリートメントは2009年6月に発売開始されているので、もう丸10年経つことになります。

そして発売が始まってから今までの間に、何度かリニューアルされて商品自体が新しくなっています。

正直2018年頃から発売開始された商品と比べると「薄毛ケア成分が入ってない・パッケージがださい」といった短所はありますが、それでも十分使う価値のある優秀な白髪染めだと思いますよ。

新しい商品は「何かしら利尻とは違った魅力を商品につけないと売れない」ので、ロングセラー商品の利尻にはないメリットをいくつか用意しているように思います。

でも、結局のところ白髪染めトリートメントの白髪を染める成分(メカニズム)は一緒なので、古くても問題はないですね。

綺麗に染めるコツは?

面倒くさいかもしれませんが、

  1. クシ・コームで馴染ませて塗りムラをなくす
  2. 置き時間を増やす
  3. ヘアキャップ(ラップ)でしっかり保温する

この3点を行うと綺麗に染まりますよ。

ある程度の量だけ全体にしっかり塗れていれば、後は時間を長くして保温するだけで白髪がちゃんと染まります。

染める頻度はどれくらい?

使い始めの白髪がたくさん伸びているときは「3日連続」で染めることをオススメします。

1度しっかり白髪が染まったら、その後は新しく伸びてくる部分と色落ちを考慮して「7日~10日に1回ぐらい」の間隔で染めると、髪色が綺麗な状態を維持できますよ。

でも、上に書いたのは誰にでも当てはまるわけではないので、すごく白髪が染まりにくい髪質だったら最初5日連続で染めなきゃいけないかもしれません。

自分で染まり具合や色の退色具合をみて、ピッタリの染める頻度を見つけてみましょう。

シャンプータイプと比較した感想を教えて欲しい

トリートメントタイプとシャンプータイプを比べて思うのは、

  • シャンプーは「染料が薄め+時間を置かない」から染まるまでに回数が必要
  • 成分はほとんど一緒だから「染めるために時間置いて準備して~」が面倒くさいならシャンプーでOK
  • 髪が長い人はダメージケアできる補修力が高いトリートメントのほうがいい

このように「人によって選ぶタイプが違う」ってことです。

白髪染めが面倒くさくて白いまま伸ばしっぱなしになっちゃうなら、手間なく染められるシャンプータイプのほうが合ってますよね。

髪が痛んでてバシバシしてる人なら、時間をしっかり置いて補修しながら染められるトリートメントタイプのほうがいいです。

シャンプータイプとトリートメントタイプは使い方は違いますが基本成分は全く同じなので、自分の生活スタイルに合ったほうを選びましょう。

利尻ヘアカラートリートメントはよく染まって髪が潤う優秀な白髪染め

利尻ヘアカラートリートメント 4色

利尻ヘアカラートリートメントについて長々と語ってしまいました。

本当によくできた白髪染めトリートメントなんですよね。

2019年6月で発売から10年が経つのにまだ売れ続けているのは、たくさんの人が使って満足されているからなんだと実感します。

色々新しい商品が発売されてきましたが、利尻ヘアカラーは「よく染まる&体に優しい」ので、使い続けたくなる要素が十分ある商品です。

公式サイトならお得な金額で購入できるので、気になる方はこの機会にぜひ試してみてください。

自宅でお手軽に白髪染めできちゃうので、白髪が伸びることがストレスに感じなくなりますよ(*^^)v

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト